出版業界で私らしく働くのなら行動あるのみ【オシゴトサガシ】

印刷

分野別の仕事

印刷

主に編集と営業と事務職とその他に分類出来るのが、出版業界の仕事になります。自分が目指している業種は一体どこに分類されるのかどうかを考えます。分類によっては学歴やスキルが大きく雇用に関係する場合もあれば、学歴のみもしくはスキルのみが重視される場合、そしてスキルのみもしくはそれに関する資格が重視される場合もあるのです。未経験者歓迎の仕事も実務経験が必要で学歴は関係ないといった仕事もあります。本当に編集か営業かなどで、採用の振り幅は広くなり狭くもなるのです。学歴などが基本的に深く関係する事なく、誰もが就く事が可能である出版の仕事といえば営業職になります。営業職といえば外回りを中心に行い居契約を取るという大変な仕事のイメージが強いです。もちろんその業務は例え出版社の営業であっても行いますが、少々異なる業務もあります。それは書店の調査やどう本が売れているのかマーケティング調査をするという業務です。本の売上を上げていくには必要不可欠である調査であり、調査による結果が本をどう販売して行くかという大切な事を決める要素となります。そして新刊や既刊の受注も営業の仕事になります。基本的な営業力も必要ですが、本について分析し提案する事が出来る力も大切です。

事務職と比べると求人が出ている率も高い編集の仕事ですが、出版社によって採用基準が厳しい所もあれば営業職と変わらない基準を持った業者もあります。出版の仕事であると一番難しいのは編集の仕事に就く事かもしれません。もちろん時期や出版社によって採用の度合いは変わりますが、編集になりたいと考えていても中々採用が取れないという方は多く居ます。しかし本を一から作る仕事をしたいと考える方の中には、どこかの出版社にて正社員としての雇用を考えているかもしれません。といいますか、現在であれば今後の生活の安定を図り正社員になりたいと考える方は、出版業界関係なく山ほどいらっしゃるはずです。しかし編集にはアルバイト採用などもありますので、まずは比較的雇用される率が高いアルバイトとして入社するという方法があります。そして実績を積み上げていき、正社員として編集で働くという方法もあります。もし正社員採用に辿りつけないとなったら、一度アルバイトという方法も考えてみるべきです。どうあれ最終的に採用されれば道は開けますので、諦めない事が大切です。